見る

亀山城址-つくで地区の歴史

応永31年(1424)に奥平貞俊が築城し、以来、奥平5代が165年間居城。
その後慶長7年から15年まで作手藩1万7千石(藩主:松平忠明)の城郭として栄えました。
遺構は本丸を中心に各種曲輪、土塁、空濠が現存しています。

開催日時・開催期間
参加費用
まずはチェック!最新情報 オトク情報満載!イベント情報
営業カレンダー
つくでてづくり村公式Twitter 村長のブログ 楽天 ふるさと納税