見る

古宮城址-つくで地区の歴史

元亀二年(1571年)奥平氏監視の為に武田信玄の重臣、馬場美濃守信房が甲州流の縄張りで武田軍の最前線基地として築城。
二年後、奥平・徳川連合軍の前に自焼陥落したが、名城の面影を今に残している。

開催日時・開催期間
参加費用
まずはチェック!最新情報 オトク情報満載!イベント情報
営業カレンダー
つくでてづくり村公式Twitter 村長のブログ 楽天 ふるさと納税